たまごんblog

告知:ギルド名「Hartwin」メンバー募集中!!!

HOME

【LOST ARK】アラケルにいってみた(攻略)

みなさんこんにちは。
島イベントに参加してみたいけど何のために行くのかよくわからない?
お祭りに参加すると思いましょう!たまごんです。


今回はアラケルに行ってみましたので島の特徴についてまとめてみようと思います。

 

f:id:poyaya:20201011080004p:plain

 

 

出現時刻

常時出ている島ではないので以下の時間(6時間おきで4回)に入島が可能となる入り口が現れます。
試したことは無いですが一度入島すると結構な時間滞在できるので、モココ集めなどはイベントの後でもよいです。
01時50分
07時50分
13時50分
19時50分
開催回数が少ないイベントは参加する優先度を上げたほうがよいのかな?と思いました。

出現場所

全体マップで「アラケル」を調べるのが簡単ですが以下の場所です。
全体で1か所だけで出現し「**時50分」になると入島ポイントが出現します。
全てに島においてそうですが、50分開始の場合島が現れるのは10分後の00分です
ソロの場合は割とのんびり向かっても十分入れます。
PTの場合はメンバーの迷惑にならないように早めに向かいましょう(配慮大事)

f:id:poyaya:20201011080916p:plain

報酬

とにかく島の心ぐらいですかね・・・

f:id:poyaya:20201011081528p:plain

良い報酬のためには PTに入ったほうがいい

何回か一人で行ってみましたがプラチナ(参加賞)しか取れないorz
ボスを集団でぼっこぼこにするイベントなのでダメージが関係している可能性があります。
たまごんのへっぽこ強化レベルではダメージを出せるはずもなく。
なので折角参加するのであればPTに入ったほうがよさそうです。

f:id:poyaya:20201011081920p:plain


・いつもの案内

 

PTとチャンネルが分かれているときは右上のチャンネル切り替えではチャンネルが満員で合流できない場合もありますが、画面左側のPT欄からCTRL+クリックでメニューを開き「PTメンバーチャンネルに移動する」を選ぶと強制的に移動できます。

 

入り口

1か所しかないので特に迷わないと思います。
**時00分になると右クリックで入れるのでそのまま入ってしまってOKです。

f:id:poyaya:20201011082200p:plain
 

島に入ると

5分ほど待ち時間になりますが、特にやることは無いです。
あえて暇つぶしをするのであれば、鶏が大量にいるので思いのたけをぶつけましょう(八つ当たり

f:id:poyaya:20201011082507p:plain

f:id:poyaya:20201011082538p:plain

たまにこんなアイテムをくれます。
使い方はこのアイテムを使って交換NPCから別のものに変える感じですが後で書きます。


その後、一定時間がたつと唐突に巨大な鶏が沸きます。

 

それも二羽!


鶏が二羽!!!

 

やかましいわ!(一人突っ込み

 

こんな感じの大きさ

f:id:poyaya:20201011082847p:plain

フルボッコなので黒く見えますが、金色と白色の鶏です。
金色の鶏のほうが本命ですが、白色の鶏がいる状態だと強化バフがかかっているようです。

f:id:poyaya:20201011083017p:plain

f:id:poyaya:20201011083124p:plain

なので先に白色のホワイトチキングさんから倒しましょう。
HPはこのぐらい。

f:id:poyaya:20201011083215p:plain


ちなみに油断すると死にます!

案外敵の攻撃は痛いので避けるようにしましょう。


コツとして、チキンの横を取っておけば大丈夫だと思います。

攻撃パターン

見え辛いですが、基本は前方攻撃後方扇型の攻撃なので横にいればかなり安全です。
後方攻撃はこんな感じ。

f:id:poyaya:20201011083444p:plain

 

交換用NPC

チキンを倒すともらえる交換用トークンを利用してNPCからアイテムがもらえます。

f:id:poyaya:20201011083616p:plain

 

 割とコストが高い・・・

f:id:poyaya:20201011083705p:plain



モココの種

f:id:poyaya:20201011080850p:plain

その他イベントについて

各島のイベント発生時間は以下にまとめています。
参加したものは個別記事にしてみたいと思います。 

tamagon.online